読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラエティ動画祭典

バチェラーやザハウスなどの恋愛系バラエティ動画の内容をネタバレも含めてお届けします。

クレイジージャーニー12月3日放送の動画とあらすじ

12月3日に放送されたクレイジージャーニーの動画とあらすじになります。

クレイジージャーニーの動画


クレイジージャーニー12月3日のあらすじ

今回は定番の丸山ゴンザレスの回。
今回の丸山ゴンザレスは世界最大級のスラムである、アフリカ、ケニアにある「キベラスラム」に潜入してきたという。

ケニアのナイロビへ

丸山ゴンザレスは日本からドーハを経由して、18時間。アフリカのケニアにまずはやってきた。

アフリカに来るのは4〜5年ぶりだが、ケニアに来ること自体は初めて。
不安と期待が入り混じる。

人口は4400万人。手つかずの自然が特徴だったり、マサイ族なんかも有名。

ナイロビには100万人規模の、世界最大級と言われるスラムが存在する。
「キベラスラム」だ。未だに拡大を続けているという。

ナイロビの都市部へ

ナイロビの都市部にやってきた丸山ゴンザレス。
大きなビルや仕立ての良いスーツを着ている人なんかもいて、先進国となんら変わらない。
日本の飲食店として、teriyakiJAPANという謎の日本っぽいお店もある。

丸山ゴンザレスはこの状況をみて、発展している裏には闇があって、経済発展の代償だという。

キベラスラムへ

都市部から車で少し走っただけなのに、辺りの様子が一変。

バラックも出てきて、ゴチャゴチャしている様子。ゴミの山も。

キベラスラムの入り口に到着すると、見渡す限りのバラックで、規模が東京ドーム50個分あるという。

また近くにあったドブ川の中にも人がいて、話しかけると、金属を探しているという。

ゴミの中から金属を探しているという。

キベラスラムの実態とは

舗装されていない道。ゴミもいたるところに散乱している。

道端では、牛肉として、足をそのまま焼いていたり、牛の頭をそのまま売っていたりしている。

なんの部位かもわからないものを煮て柔らかくしたものを売っている。値段を聞くと、1杯50シリング(60円)。

丸山ゴンザレスは早速頼んでみる。

牛骨スープで、キベラスラムではとても一般的な食べ物。

丸山ゴンザレスは生臭く、スープがただの脂だと感想を述べた。同時に鮮度的にアウトだと。

ハエの量も半端ではない。

こんなシーンをみて、アフリカっぽくテンションが上がるという丸山ゴンザレス。

道端で売っていた次の品は、リモコンやアンテナ。ただ一見何がなんだかわからない。

その中になぜか、空のビール瓶やスプライトの空き瓶が売られている。
料金はビール瓶が20シリングでスプライトが10シリング。

なぜ、空き瓶を売っているのかというと、ケースの中で欠けてしまった時に業者が買っていくという。

その後も炭屋、謎の修理屋、牛の頭を売る店などがある。

水道管がむき出しになっているスラム街。
同時に生活排水も垂れ流されている。

糞や尿などもいたるところに貯まってしまっている状態。人数も多いので、量も多い。

その他では、お水を売っているお店もある。

客はタンクに水入れていく。5シリングの料金。この販売している水は役所から買っているという。役所には1500シリング(1785円)払っている。

スラムで住んでいる人の実態

丸山ゴンザレスは今度は住宅街にやってきた。

迷路のような構造になっている。

ある1つの家に入る丸山ゴンザレス。
入ってみると意外にも、床はコンクリートで、電気が通っているし、家具もあるといった状態。

この家には6畳で6人が住んでいるという。
インタビューをすると、お金がかからないので、暮らしているという状態のよう。

バラックの中に立派な建物が並ぶ。
これは政府がやっているようだ。完成したらスラムで住む人が入れることになっているという。

次にやってきたのは、線路。
その周りにはお店もいっぱいある。
 
線路の上で商売をしている理由は人が多いという理由のようだ。
目当ては乗客。

製品の多くは、古着販売。
過去に電車にぶつかったことはないという。

急に線路から住人が離れたと思ったら、電車がやってきた。。。
駅じゃないところだったが、停まって人が乗り降りする。

ナイロビと地方都市をつなぐ電車で1日7回通るという電車。

さらに荒廃の激しいエリアへ進んでいく丸山ゴンザレス。

そこにはおばあちゃんの家があった。
早速、丸山ゴンザレスは交渉し、上がりこむ。

壁がダンボールで出来ていて、天井はトタン。当然電気はない。6畳に4人で暮らしているという。

仕事は1週間に1回しかないという。
キベラに来た理由は旦那が亡くなって収入がなくなってしまったことが理由だという。

丸山ゴンザレスは、今このスラムは政府と一緒に開発をしている途中だという感想を持っていた。

キベラスラムの娯楽

映画館やビリヤードもあった。
映画館というはただのテレビでDVDを流すというもののようだ。

キベラスラムの治安は?

昼間は比較的安全。ただ夜になると色々と危ない可能性もある。

キベラスラムの中でも貧富がありそうだが、仕事は日雇いの仕事が多そう。
1日200円〜300円程度だという。

建物を建てた人のもののようだ。

スラムに溢れる犬

スラムの犬はいつも寝ているイメージだが、昼間は暑かったりしているが、夜には激しく動き回って危ないという。