読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラエティ動画祭典

バチェラーやザハウスなどの恋愛系バラエティ動画の内容をネタバレも含めてお届けします。

橋本マナミのラストキス。12月1日放送あらすじ

今回のラストキスは31歳になる橋本マナミの吉祥寺デート。

橋本マナミは愛人にしたい女性No1なので、濃厚なキスが観れるのか!?

当初の感想としては、橋本マナミ自身が基本的には愛人キャラに見られていて、勘違いをされやすく、実は自分からいくキャラではないので心配だったという。

吉祥寺デートの待ち合わせ

待ち合わせ場所は、カフェドゥリエーブルうさぎ館。

先にやってきた橋本マナミ

気になる相手は、、、
俳優の久保田秀敏。28歳。

久保田秀敏というと、元美容師でミュージカルテニスの王子様仁王雅治役として有名。

橋本マナミからすると、若干の年下ということになる。

「初めまして」
で始まった吉祥寺デート。

橋本マナミは自己紹介で激しめのグラビアもやっていることを伝えると、久保田秀敏も
「知ってます、知ってます」
と答える。

お互いに恥ずかしがりながら始まった。

2つ下の久保田秀敏。
橋本マナミはそれよりももっと若くみえると言う。

タイプの男性を聞かれると、
「盛り上げてくださる人とかが好きで、クールに決めている人が苦手」と答える。

橋本マナミの久保田秀敏苦手対しての第一印象

第一印象はイケメンだ!という印象。
過去にあまり仲良くなったことのないタイプの人間でおしゃれでカッコイイ方だったという。

話が合わなかったら大変だなと思ったという。

カフェでの会話

過去にこの吉祥寺の公園に来たことがあるという久保田秀敏。
それは犬の散歩だという。

今日は久保田秀敏が考えたデートプラン。

井の頭公園を歩く橋本マナミと久保田秀敏

なんと呼んだら良いのかという話から。

橋本マナミはマナミンとかまなちゃんということが多いと言うと、マナミンになった。

久保田秀敏からの提案はボート。
ボートにテンションの上がる橋本マナミ

2人は早速、ローボートに乗る。

漕ぐ役は久保田秀敏。
ぎこちないながらも頑張る姿に萌える橋本マナミ

腕まくりをする久保田秀敏に対して、血管がたまらないという橋本マナミ

思いっきりボートを漕いでみてーと頼むとしっかりと真剣に漕ぐ久保田秀敏。

橋本マナミはやっぱり年下は可愛いと思ったという。下は7歳下から、上は23歳上ぐらいまで広く付き合ったことがあるというが、頑張ってる感じとか、嬉しい姿とかを見ると、可愛いと思うという。

2人は無事にボートを終えて戻ってきた。
降りるときに自然と手をつなぐ久保田秀敏と橋本マナミ

その後は、1つのソフトクリームを頼んでシェアすることになった。

自然と間接キスで盛り上がる。
 
橋本マナミは人と一緒のものを食べるのが、すごい苦手で、なんでアイスクリームを1つしか頼まないんだろうと思ったという。
家族でもダメで、若干引いてしまったという。

ハーモニカ横町にやってきた

次に橋本マナミと久保田秀敏がやってきたのは、ハーモニカ横町。

ハーモニカ横町はハモニカ横町と言われる時もあり、約70年も続く商店街だという。

散歩していると、上海焼き小籠包を発見し食べることになった。6個入って580円。

ビールを飲んだら最高という話から、ビールを頼む。

また久保田秀敏は1つしか買ってこなかった。。。
複雑な表情をしながらも、間接キスで飲む橋本マナミ

さらに、普段の格好について、ニット帽を普段被らないという橋本マナミに、無理やりニット帽をコーディネートしたり、その他の服などもコーディネートしてみる久保田秀敏。

男性の大きい服を家で着るのが萌えるという話で盛り上がる。萌え袖。

再度試着して萌え袖を再現し、久保田秀敏はそれを見て恋に落ちると宣言。

それを聞いた橋本マナミ
「結構単純なんだなって思った。女の子が萌え袖をやるときは、分かってやってるので、そんな可愛くしないので、純粋な人なのかな」
と思ったという。

東京ボウリングセンターへ

次に2人がやってきたのは、東京ボウリングセンター。
ボウリングは4.5年ぶりだという橋本マナミ
一方ので久保田秀敏は1年ぶりぐらい。

ボウリングでは負けたほうが、デコピンということに。

橋本マナミは久々にも関わらず、ストライク。
久保田秀敏はガーター。。。

その後も橋本マナミは絶好調でストライクやスペアを連発する。
久保田秀敏は相変わらずガーター続き。。。

スコアは橋本マナミが151に対して、久保田秀敏は85。

罰ゲームのデコピンを思いっきりする橋本マナミ

悔しがっている姿が可愛く、学生を思い出したという。

花ちゃんで飲み

ハーモニカ横町の粋なお店、花ちゃんに飲みにきた。

初めてのデートに乾杯。
花ちゃんオススメの出し巻き卵。

結婚する相手に求める条件を聞かれた橋本マナミ。料理をしてくれる男性はすごく良いと思うと答えると、久保田秀敏は普通に作るとアピール。

掃除も洗濯もするという。

内面を重視するという橋本マナミだが、3.5割だけは外見。今まで付き合ってきた人の中で、1人だけ結婚したい人がいたという。

その人も俳優をやっている、1個下の男性。
橋本マナミはとても好きで、半同棲状態だったが、共にそんなに仕事がなく、頼りなく思ってしまったという。

彼の家が裕福だったため、親に頼りきりだったことで冷めてしまったという。

久保田秀敏は、養っていけるという風に思えないと結婚は出来ないという。今の状態は生活の基盤が安定していないから難しそうだという。

居酒屋では、色々と踏み込んで話せたという橋本マナミ
花ちゃん恒例の2ショット写真を撮ってお店を出る。

二子玉川RISE 原っぱ広場へ

2人は花ちゃんを後にして、原っぱ広場へやってきた。

最初は緊張したが、楽しかったという久保田秀敏。またデートが出来たらしたいと純粋に思うと語る。

橋本マナミも久保田秀敏のおかげで、忘れていた感覚を取り戻せたという。

ラストキスの時間!!!

久保田秀敏からは
「本当にいい思い出になりました。また出来たらデートしようね」
「うん」と答える。

2人は指切りで約束をした。

ラストキス。

ありがとねと語る久保田秀敏。
キスに浸っていると、今度は橋本マナミからキス。

久保田秀敏はマジか〜と嬉しそう。

デートを終えて

仕切ってくれたが、年下でたまに抜けちゃうところがキュンとするポイントで、本当に可愛かったと語った。